難民

レーシックは再手術が出来る?

レーシックに関して手術を受ける前に自分で下調べをするとわかりますが、結構な数の人が視力が戻ってしまっています。
レーシックに関しては、確かに成功率が高いですが、未知数な部分もあり、人によっては数ヶ月もしないうちに元の視力に戻ってしまうこともあるほどです。
ですから、手術を受ける前に、何十万円とするわけですので、慎重に考える必要があります。しかも、健康な角膜を削って手術をするということをよく認識しておくべきです。

そうでないと、視力戻りを受け入れることができないからです。実際に視力がもどってしまうと、選択肢は二つです。
角膜をもう一度削って手術をしなおすか、メガネに戻すかです。前者の場合は、角膜の厚みがかんけいしてきます。
もし、角膜が薄い方は残念ながら、再手術をすることができません。角膜が厚いとされる方でも三回が限度とされています。

ですから、術前に説明がしっかりとされますので、それを受け入れてから手術を行うべきです。傷つけた角膜は一生そのままです。
それが元に戻ることはありません。目が関わることですので、慎重に判断を下す必要があります。
再手術がないのが一番ですが、ありえることですので、レーシック前に考えておきましょう。
よく目にするレーシック難民についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ