レーシックでパイロットにはなれる?
難民

レーシックでパイロットにはなれる?

子供が夢見る職業の一つにパイロットがあります。何百人という命を預かる非常に重要な仕事です。
それゆえに、規定は非常に厳しいものがあるのです。その狭き門をくぐった人たちだけがパイロットとして活躍することができます。
では、具体的にどんな規定があるかというと、視力に関する規定です。実は最近までは、メガネやコンタクトなど視力矯正している人はパイロットになることができませんでした。

しかし、これに関しては改定され、今では視力を矯正していても、安定していれば問題なくパイロットになることができます。
そうです、ポイントは安定となります。ですから、残念ですが今のところレーシックを過去に受けたことがある人は、パイロットになることができません。
これはほとんどが万国共通です。どうしてかというと、レーシック後遺症としてハロ、グレアなどの光をやたらと察知してしまったり、また目がすごく疲れたり、乾いたりすることがあるからです。

また急激な視力の低下もいつ起こるかはわかりません。これらの理由から、レーシックを受けた場合はパイロットになることはできません。
これだけしっかりとした規定があるゆえに、信頼して飛行機に乗ることができるのです。ありがたいですね。
レーシックを行った芸能人についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ