レーシックでキャビンアテンダントにはなれる?
難民

レーシックでキャビンアテンダントにはなれる?

人の命を預かる仕事の一つに女性の憧れの職業である、キャビンアテンダントがあります。
航空会社からの要求は様々ですが、簡単にいうと、自分が飛行機に乗るとして何を求めるかという点です。
もし何かが発生したときに、キャビンアテンダントが近眼であるゆえに、防災グッズの説明もできないし、避難経路もどこか分からないとなったら、そんな飛行機には乗りたくありません。

つまり、各航空会社はキャビンアテンダントの試験に関して、視力を求めることがあります。
といっても、裸眼ではなく、矯正での視力です。
ですから、裸眼でどれだけ悪くても、矯正して見えるようになっていれば全く問題ありません。
矯正はほとんどの場合がコンタクトレンズです。今は非常に一般的ですね。当然、レーシックであっても問題ありません。

レーシック後に、キャビンアテンドにはなれます。しかし、覚えておきたいのはレーシックを受けて、バッチリ見える状態でキャビンアテンダントになるのと、キャビンアテンダントになってからレーシックを受けるのでは全く意味が違ってきます。
ですから、こういった点を踏まえて会社の規定に合わせて行動することが求められます。
レーシックでも問題なくキャビンアテンダントになることができます。
気になるレーシック手術のリスクについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ